現在が違反建築状態の『小屋裏収納』『ロフト』はどうするべきか?

リフォームのこと

リフォーム営業をしていると現状が違反建築状態の『小屋裏収納』『ロフト』があるお家って結構あるんです。

相談者
相談者

屋根裏を部屋として活用できるようにリフォームしてほしいんですが。

こんな相談が多かったりします。

部屋としての活用はNGです。でもそのまま利用してリフォームするのがおススメなケースもあるんです!

屋根裏の未利用空間を活用できれば確かに便利です。夢が広がるかもしれません。

相談者・妻
相談者・妻

自分の家なんだから自由に使っていいんでしょ。

しかし建築基準法で決められているルールがあります。

自分の家だからと言って自由になんでもできるわけではないんです。

建築基準法のルール含めて詳しく解説していきます。

1.『建築基準法』屋根裏利用のルール 

一般的に注意しないといけないルールはコチラです。

  1. 小屋裏収納の面積は、その階の床面積の1/2未満であること
  2. 小屋裏収納の高さが1400㍉(1.4m)以下であること
  3. 窓をつけるときは壁一面あたり0.36㎡以下であること(引き違い窓NG)

もっと細かいことが知りたい方へ引用元はココです!

https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1452579578327/files/koyaura.pdf

小屋裏の活用方法は建築基準法を守らないといけません。

2.現在が違反建築状態なのはなぜ?

以前は小屋裏利用についてそんなに厳格ではなかったんでしょうか?

大手ハウスメーカーの最前線で働く営業マンとして、私が大規模リフォームにたずさわるようになった14~15年前も当然守っていたルールです。

それよりも以前のことは実感として語ることはできませんが、大手と言われる企業は当たり前にルールを守るはずですから個人事業主の大工さんなどが施主の希望通りに『やってしまった』のが真相だと思われます。

3.既存違反の場合にリフォームはどう対応するのか?

私どもですとこのような対応になります。

  1. 是正を勧める
  2. うまく活用するプランを考える
  3. そのままさわらない

3-1 是正を勧める

面積要件とか高さ違反(その階の床面積1/2未満、高さ1.4m以下)であれば是正工事は割と容易で費用もさほどかかりません。

実はこれらの要件に違反していると『2階建て住宅』とみなされませんのでデメリットが発生します。

デメリットとは?

昭和56年以前の木造2階建てを耐震補強した場合は減税措置がうけられるのをご存じですか?建築業者から『増改築等工事証明書』を発行してもらって手続きするのですが、小屋裏利用で違反があると『3階建て』となる場合があります。3階建ては構造計算をしないと耐震性が証明できません。つまりは3階建ての耐震補強工事はハードルが高いともいえます。

逆をいえば、『耐震補強工事』とか『減税措置』などをあきらめる(興味がない)場合は関係ありません。

3-2 うまく利用するプランを考える

『屋根裏利用』と聞くと『我が家も屋根裏利用をやらない手はない』とあなたも思われるかもしれません。

でも、『屋根裏利用』といってもどのお家にも当てはまる訳ではないんです。

そもそも『屋根裏スペース』がないといけません。

屋根裏利用に適した屋根のかたちとは?

『寄棟』か『切妻』の屋根型が適しています。

寄棟屋根はこんな感じ

切妻屋根はこんな感じ

屋根裏がどんな経緯で利用されることになったのかはいろいろとあるでしょうが、せっかくあるのですから利用するというのもアリだと思います。

ただ、『固定階段』をつけてしまうと床面積に計算されてしまい場合によって『増築』ともとられかねませんから注意してください。

3-3 そのままさわらない

現状をうまく利用できているのであれば『そのままさわらない』のもアリです。

『そのままさわらない』というのは言い過ぎかもしれません。つまりは『内装工事』程度にしておくということです。

内装工事とは『クロスの張替え』『床材張替え』のような工事を指します。

4.新たに屋根裏利用を検討中のあなたは?

二世帯住宅化リフォームを検討されていたりすると収納量の問題は避けて通れません。

未利用空間である屋根裏利用を工夫することも必要と言えます。

ロフトは普段使わない物をしまっておくのに便利です。使い方によっては『書斎』としても使えます!

これまで述べてきたことを参考に検討してみてください。

小屋裏利用をするためには『屋根の形』も重要ですが、写真のように『ハシゴを利用するスペース』も考慮しないといけません。

普段もハシゴをかけっぱなしでも構わないですが、ハシゴを外してしまっておくスペースも必要です。

天井高さを1.4mに抑えないといけませんが、使い方によっては収納スペースとしてだけでなく『書斎』としても利用可能です。

書斎として利用する場合はコンセントネット環境なども考慮したほうがいいでしょう。ご想像通り夏場は非常に厚くなりますからエアコン設置を検討されるだけでなく断熱材を入れるなどの工事もされた方が快適です!

5.まとめ

屋根裏空間はもったいない未利用空間です。

もちろん建築基準法を守らないといけませんが、ルールの元でも工夫次第でずいぶんと使い勝手が変わります。

あなただけでは気づかないこともプロなら気づくことがたくさんあります。

簡単に相談できるプロが見つけられたらいいのですが知識も経験も豊富な方をあなたが探すのは大変です。

最近はネットで業者を探される方が多くなっています。

私が良さそうに思うポータルサイトを2つご紹介します。

ひとつは『タウンライフリフォーム』になります。こちらは良くできたポータルサイトです。

リフォームポータルサイトの『タウンライフリフォーム』なら複数業者に一括見積依頼ができるだけでなくプランも無料で作成してもらえます。

あなたがリフォーム会社にいきなり行ったとしてもなかなかプラン作成はしてもらえません。なぜならプラン作成はプロの見せ場だからです。切り札は後に取っておくのが普通です。

一括見積が複数業者に依頼できるだけでなく、プランまでゲットできるんです。これって実は時間も手間もすごい節約になるんですよ。

また『タウンライフリフォーム』『利用満足度』『使いやすさ』『サイト利用者安心度』の3部門で1位を獲得しているポータルサイトです。提携先は500社あるそうですからあなたにピッタリな業者が必ず見つかります。

もうひとつは『ハピすむ』というポータルサイトです。『ハピすむ』の提携先は約1000社にもなります。

問い合わせをすると事務局からヒアリング電話があり、そのあとに3社のリフォーム会社を紹介してくれます。

ヒアリングと言っても勧誘とは違いますから安心してください。決定権はアナタにあります。

この『3社』というのが絶妙でして、たくさんありすぎるとどこの会社の担当者が何を言っていたのか分からなくなります。3社ですと『あなたが迷子になってしまう』ことを避けられます。

また、事務局からヒアリングがあるのもポイントです。事務局にヒアリングしてもらうとあなた自身の頭の整理にもつながります。

あなた自身が会社を選ぶのもいいかもしれませんが、専門スタッフが仲介してくれることでご希望内容が得意な会社を紹介してくれます。運営会社が上場企業というのも安心できます。

是非ともピッタリな業者をみつけて希望通りのリフォームが実現できることを願っております。

コメント